キミエホワイトのレビュー

化粧水というものにとって重要な働きは、水分を補給すること以上に、肌に備わっている本来のパワーがきっちりと活かされていくように、肌の健康状態を整ていくことです。

セラミドについては人間の皮膚の表面で外側から入る刺激を防御するバリアの機能を果たしていて、角質層のバリア機能という重要な働きを果たしている皮膚の角質層にあるこの上なく重要な物質なのです。

コラーゲンという生体化合物は伸縮性のある繊維状で存在する組織で個々の細胞をつなぐ機能を持ちますし、強力な保水能力で有名なヒアルロン酸はコラーゲン繊維でできた網目状のネットワークの隙間を埋める形で、水分不足による潤いの低下を阻止するのです。

ヒアルロン酸とは元来人の体の中の至る所に存在している成分で、かなりの量の水分を抱え込む機能に優れた化合物で、かなりたくさんの水をため込むと言われているのです。

水の含有量を除いた人間の身体の50%はタンパク質によって構成され、そのほぼ3〜4割がコラーゲンです。

コラーゲンが担う主要な役目は身体や臓器などのあらゆる組織を作り出す構成成分となっているということです。

洗顔料で洗顔した後は時間がたつごとに化粧水の保湿成分が肌へしみこむ割合は低下します。

また石鹸などで洗顔した後が一番乾燥が進んだ状態になるので、短時間のうちに保湿効果のある化粧水を肌に与えないと乾燥肌の悪化につながります。

食品として摂取されたセラミドは一度は分解され違う成分となりますが、その成分が皮膚の表皮まで届いてセラミドの生成が開始され、表皮においてのセラミド保有量が増大するのです。